ニオイが気になってVラインの脱毛をためらっているあなたへ

Vライン(ビキニライン)の脱毛って、かなりパーソナルな部分なので、脱毛したくてもなかなか勇気が出ないという人も多いですよね。
でも、だからと言っていつまでも脱毛せずにいたら、いつまで経ってもムダ毛に悩まされなくてはなりません。
いつかは脱毛したいと思っているなら、なるべく早く脱毛してしまった方がいいに決まっています。

 

特に、Vラインの脱毛を躊躇してしまう理由として多いのがニオイの問題。デリケートゾーン特有のニオイが気になってしまうんですよね。

自分のニオイがアリなのか、ナシなのか……?

「わたしのニオイって、人より臭いのかな?それともみんなこれぐらいニオイするのかな?」この疑問の答えは、なかなか分からないものです。いくら仲の良い友達同士でもデリケートゾーンのニオイを比べ合う、なんてことはあり得ませんし、彼氏に聞くわけにもいきません。(元カノと比べられるのも屈辱的……)

 

日本人は特に、誰かと比べることで安心したり、平均値を知りたがる傾向がありますが、デリケートゾーンのニオイだけは、平均値も無ければ誰かと比べることも難しいのです。

 

ただ、たいていは、ニオイはあるものです。無臭の人なんていません。ニオイのキツさに多少の差はありますが、なんらかの感染症でない限りは、ひどいニオイになるようなことはありません。

間違ってない?ニオイケアの方法

少しでもニオイを軽減するために、お風呂でしっかり洗っているという人も多いと思います。でも、これは大きな間違い!強く洗えば洗うほど、ニオイはキツくなりやすいんです。もともと、デリケートゾーン(というか膣)には自浄作用があります。外部からばい菌などが入ってきても、自分で追い出す力が備わっているんですね。

 

腸の中に善玉菌と悪玉菌がいるように、肌にも良い菌と悪い菌がいます。思いっきり洗うと良い菌まで洗い流してしまい、その結果、ニオイのもとになる悪い菌が繁殖してしまうことも……。

 

つまり、ボディソープの原液を直接膣に付けたり、ウォッシュタオルでゴシゴシこすったり、膣の中までシャワーで流したり、というのはすべてNG!絶対にやってはいけません。

 

ニオイを増長させないためには、しっかりと泡立てたソープで、指を使って洗うのがおすすめです。(タオルよりも指を使う方が刺激が少ない)
汚れ自体は自浄作用によって追い出すことができますから、自分でゴシゴシする必要はありません。柔らかく、優しく洗ってくださいね。

 

正しいニオイケアの方法としておすすめなのは、まずはアンダーヘアをなるべくなくすこと。脱毛するならアンダーヘアをシェービングすると思いますが、できればVラインサイドだけでなくVラインやIラインも全体的にシェービングしておきましょう。ムダ毛があるとそこに尿や汗が付いて雑菌が繁殖しやすく、それがニオイの原因になりますから、アンダーヘアを短くしておくのがおすすめですよ。

 

さらに、施術前にはウェットティッシュで拭くのがおすすめです。多少のニオイは誰でもあるのでそこまで気にしなくても大丈夫と言えば大丈夫ですが、やはりマナーというか身だしなみの一つとして、施術前にはさっとデリケートゾーンを拭いておきましょう。清潔にしていても、汗などで少しのニオイはあるものですから気を付けてくださいね。

 

 

ただ、ニオイに関してはそこまで大げさに怖がる必要はありません。エステサロンの場合はスタッフは全員女性ですし、しかもVラインをはじめデリケートゾーンの脱毛にも慣れているので、いちいち人のデリケートゾーンのニオイを気にしている人はいません。Vラインの脱毛をしてしまえば、今よりも雑菌が繁殖しにくくなる分ニオイも軽減しますから、むしろ、一刻も早く脱毛を完了させておいた方がいいでしょう。