【超入門】Vライン(ビキニライン)の脱毛を初歩から徹底解説しちゃいます!

Vライン(ビキニライン)の脱毛は、実は脱毛が初めての方にもおすすめの部位です。脱毛の施術がどのようなもので、どのような仕組みでムダ毛がなくなっていくのか、ということを見やすい部分なので、もし格安でVライン脱毛ができるなら、ぜひともチャレンジしてみましょう!

Vライン(ビキニライン)脱毛を徹底解説!

◎Vライン(ビキニライン)ってどこのこと?
アンダーヘアを脱毛する際には、主に3つの部位に分かれています。その一つが、Vラインです。アンダーヘアは前から見える部分だけでなく、下側やお尻の穴(肛門)の方まで生えているものです。Vラインは、前から見える部分のことです。肛門の方に生えているムダ毛を「Oライン」と言います。そして、VラインとOラインのあいだ、つまり、下側に生えているムダ毛をIラインと呼びます。

 

Vラインの中でも特に気になるのは、下着からはみ出しそうになっていたり、むしろはみ出してしまっている、というような部分。中央あたりは下着で隠れているところですからあまり気になりませんが、下着からの「はみ毛」は女性としては絶対にあってはならないことなので、なんとかしたいところです。

 

【注意!】
Vラインと言っても、前から見える部分のムダ毛全体を指すこともあれば、下着からはみ出すかどうかのサイド部分だけを指すこともあります。これは、お店によって異なるので注意が必要です。

 

下着からのはみ出しだけを処理したい場合はサイド部分だけ脱毛できれば大丈夫ですが、「生えている範囲を今よりも小さくしたい」とか「全体的に薄くしたい」という場合はVライン全体が照射範囲になっている契約をしなければいけません。契約前のカウンセリングで、照射範囲を確認しておいてくださいね。

 

◎Vライン(ビキニライン)の脱毛の流れ
【当日までにすること】
脱毛の施術日の前日に、シェービングをします。エステサロンによってVラインの範囲は違うのですが、あらかじめ指定された範囲があれば、それにしたがってシェービングしておきましょう。特に範囲が決まっていない場合は、自分の好みの状態に剃ったり、もしくはVラインの部分をすべて剃ってしまってもかまいません。また、肌荒れしていると施術を断わられることがあるので、カミソリで傷つけたりしないように、電気シェーバーで剃るのがおすすめですよ。

 

【当日】
施術日には、予約した時間に遅れないように行きます。脱毛エステサロンではかなりタイトにお客さんの予約を入れているので、大幅に遅刻すると施術してもらえないこともあります。(格安な料金が魅力のエステサロンは特に、安い分お客さんをたくさん入れるんです)余裕を持って向かうようにしてくださいね。

 

Vラインの脱毛の場合は、スカートやパンツなど下の服を脱いで、紙ショーツに着替えるのが一般的です。下半身が丸出し状態になるのではなく、ガウンやタオルなどで体を隠せるようになっているので安心してくださいね。

 

施術自体は、他の部位と同じように肌状態のチェックから始まり、照射、冷却、保湿という流れで終了します。Vラインだけなら、かかる時間は早ければ15分程度なのですぐに終わりますよ。

 

終了後は服を着替えて、次の予約を入れて帰るだけです。

 

【施術後】
施術直後は特に変化はありませんが、1〜2週間経つと、Vラインのムダ毛が抜けていきます。Vラインはムダ毛が濃いので、抜けていく様子も分かりやすいと思いますよ。2〜3週間経つとほとんどすべてのムダ毛が抜け落ちて、つるつるのキレイな状態になります。

 

その後、また少しずつムダ毛が生えてきて、生えそろった頃に次の照射をおこないます。これを繰り返すことで、徐々に生えてくるムダ毛が減っていくんですよ。ちなみに、Vラインの脱毛ははじめは2〜3か月おきに通い、毛量が減ってきたら徐々に4か月おき、5か月おき、と通うペースを落としていくと効率的に脱毛できますよ。

 

◎Vライン(ビキニライン)脱毛の注意点
【月経周期に気を使う!】
アンダーヘアの脱毛をするとき、月経中は施術が受けられません。まぁ当然ですよね。そのため、月経周期を踏まえて予約を入れなければなりません。

 

【異常を感じたらすぐ相談!】
Vラインは体の中でも皮膚が薄い部分なので、刺激に対して弱いです。エステサロンの脱毛は肌への刺激は少ないのですが、それでもごくまれに、肌トラブルが起こることもあります。代表的な肌トラブルとしては炎症があり、脱毛後に赤みがひかず、かゆみを伴うこともあります。

 

こうした肌トラブルは一晩軽く冷やしておけば治ることもありますが、治らない場合はすぐにエステサロンに連絡してください。悪化して肌の状態が悪くなると次の施術ができないこともあります。エステサロンは医療機関と提携しており、万一の肌トラブルの際には提携医療機関にて診察が受けられるので、早めに相談してくださいね。

 

【Vラインのムダ毛を抜かない!】
Vラインのムダ毛は、普段毛抜きなどで抜いている人も多いです。しかし、ムダ毛を抜いていると脱毛の効果は得られませんので、脱毛したいならすぐに抜くのはやめて、電気シェーバーで剃る程度にしましょう。ムダ毛を抜いていると毛周期が乱れたり、毛嚢炎などの肌トラブルも起こりやすくなるので、絶対にやめてくださいね。

 

Vラインは、自己処理よりも断然脱毛の方がキレイになりますし、痛みもなく、しかも最近は格安でできちゃうのでかなりおすすめです。自己処理から解放されて、今すぐキレイな肌を手に入れましょう!

 

Vライン⇒全身脱毛のパターン多し!

Vラインを脱毛してから全身脱毛に移行する人はとても多いです。Vラインを経験すれば、どんなエステサロンかもよくわかりますし、何より脱毛自体に対する恥ずかしさが減りますので、気分的にも通いやすくなります。
Vラインを脱毛してみて、そのエステサロンが気に入らなければ、ほかのサロンに変えてもOK!あまりいろいろ考えすぎると申込もできませんから、気軽に挑戦してみましょう。